>  > 汗ばむくらいの熱量だったんでしょう

汗ばむくらいの熱量だったんでしょう

彼女をよく見たら汗ばんでいたんです。決して部屋が暑いとかって意味ではなく、こちらへの攻めを一生懸命行ってくれたからなんですよね。部屋が狭いので熱がこもりやすいって特徴もあったとは思うんですけど、それを差し引いても彼女はかなり熱心に攻めてくれました。それこそ髪なんかも振り乱して楽しませてくれました。最近ここまで情熱的なプレイをしてくれた風俗嬢があまり記憶になかっただけに、物凄く印象に残っているんですよね。しかも彼女、美人なんです。そこがポイントなんですよね。美人風俗嬢があそこまで振り乱して、更には汗ばんで楽しませてくれる男として興奮しない訳がないじゃないですか。何だか彼女は汗が似合うというか、がっつりと楽しませてくれるっていうのもあって心の底から満足したような気がしますね。舐めている表情もとっても色っぽい女の子だっただけに、彼女のような存在との時間は自分でももっともっと楽しみたいなと。だから次回も彼女です。

楽しい思いをしたいです

人生でこんなに美人な女の子とは早々出会えないんじゃないのかと言いたくなるくらいに素晴らしい美人さんとデリヘルで会うことが出来ました。普通はデリヘルというととにかくいやらしい女の子がやってくるんですが、ルックスに関してはいたって普通というパターンが多かったような気がします。自分自身でもそこまでのレベルの高い女の子はいないと勝手に風俗に対しても感じるようになっています。たまにいやらしい展開で様々なプレイをしようと思いましたが、そこまでデリヘル嬢が付いてきてくれるなんてことも無かったので、ある程度の諦めみたいなものはありながら毎回利用しているんです。しかし今回のデリヘル嬢はとにかくその辺にいるような女の子とは見た目のレベルは違いました。本当にもともとモデルでもやっているんじゃないのかというような感じのルックスです。こんなに最高な接客と風俗嬢のルックスは中々利用していても味わうことが出来ませんね。楽しい思いをもっとしたいです。

[ 2016-10-04 ]

カテゴリ: 風俗体験談